So-net無料ブログ作成
ガーデン ブログトップ
前の3件 | -

ニューカマーも続々と♪ [ガーデン]

思えば一年でいちばんお庭が光り輝くシーズン、5月を病院で過ごしたので、
咲き誇るバラもクレマチスもなにひとつ、
自分の目で見、愛でることはできずじまいだったこの春。

だけどダンナさんが、
退院しておうちに戻ったハリネズミのご機嫌を損なわないようにって日々、
お庭、そして室内のインテリアグリーンの水遣りにも精を出してくれ、
ハリネズミの入院中に☆になってしまった植物はひとつもなかったのだった。

これは思ってもみなかったこと。
ダンナさんってば、想定外の花丸でした~(≧▽≦)。

いちおう水遣りはお願いしてはおいたものの、
育てている植物の数が数だし、
いくつかはダンナさんの視界に入りきらずにお水をもらえなくて☆に
・・・・そんな事態も覚悟していたのだけどダンナさん、
写真を撮ったり、鉢の数を数えたり、水遣り方法をメモったりと熱心で、
ハリネズミの心配は杞憂となったのだった。


退院して来た日には
ハリネズミ走りでは名残のツルバラ ‘ コーネリア ’ も咲いてはいたけど、

①.JPG

すでに梅雨入り間近、
やっぱりバラよりはアジサイの季節へと移ろいつつあり、
‘ 三河千鳥 ’ や ‘ ウエディングブーケ ’ がすでに色づいており。

②.JPG③.JPG

例年ならお庭のアジサイが色づくのを待てずに新入りさんを、
お花屋さんから連れ帰ってきてるのに、
今年はそれもなかったなぁ・・・・などと思ったのも束の間のことで

④.JPG

ようこそ、ハリネズミんちへいらっしゃいませ~♪ とお迎えしたのは、
山アジサイ ‘ 黒姫 ’ さん。
お庭の ‘ 藍姫 ’ さんと並べて植えたいなってかねてより狙っていたコ、
昨日、ひとっ走り行ってきたジョイフル本田にて発見&捕獲v。

ほかにも、あれこれ思いつくままにカートインしてお買いあげ、
だって久しぶりなんだもん、ジョイフル本田w。
そしてこの日、もうひとつのお宝と認定されたのはサンゴミズキ(珊瑚水木)。

⑤.JPG

惚れぼれするほどに美しい斑入り葉。
しかも強めの萌芽力に溢れる生命力をビシバシと感じてのお買いあげ。

⑥.JPG

何年かすればきっと、初夏のお庭の爽やかな彩りとなってくれるはず。
そしてそのころには、
「この木を植えたころにはいろいろあったっけ」って幾許かの懐かしさとともに、
「いま」を思い出せるとようになってるといいな。

そんな思いも込めたサンゴミズキだけど、快気祝いかと言えばさにあらず。
実はそれより数日前にこのコをね、

⑦.JPG

「快気祝い」と称しダンナさんとの散歩の途中で連れ帰っておりました。 ポーター役はダンナさんw

ま、ちょっといいお値段がついてたわけで、
それを見てちょい買い渋りのハリネズミにダンナさん、
「快気祝いってことにしとけば?」とまぁ、甘ーい悪魔の囁きをばね。
もちろんありがたく、そのとおりにさせていただきましたー(´艸`*)

ひと目見てシルバーリーフ系のリューカデンドロンかと思ったコレ、
‘ ブルーブッシュ ’ という品種のミモザだった。

⑧.JPG

開花期でなくても観賞価値のあるシルバーリーフに惚れちゃった♪。


そうそう、
この春に9回めのおうち記念日を迎えたハリネズミんち、
丹精込めてつくり続けてるお庭もね、こそっと10年めへと突入です。

nice!(36)  コメント(4) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

定番、そしてニューフェイス [ガーデン]

お気に入りのねこの像をぐるっと囲み、アジュガのお花が花盛り♪。

①.JPG

去年の秋、別の場所でランナーで殖えた株を移植したのだけど、
元の場所よりこちらの環境のほうが合ってたみたい、
花穂はびよーんと20センチ超えに。

②.JPG

この春がたぶん3年めだったはずの、
シシリンチウムも数日前から次々と花開いて・・・・かわいいw。

③.JPG

クレマチス ‘ カトマニージョー ’ もなんとか無事に2度めの春。

④.JPG

同じく昨春に購入した ‘ ペトリエイ ’ は暑い夏を乗りきられず、
☆になってしまったけどね・・・・。

5年めの白花エニシダ ‘ アルプス ’ もそろそろ見ごろに。

⑤.JPG

ヒメウツギのころんとしたつぼみも開き始め、

⑥.JPG

気づけば白ヤマブキの花も咲いていたw。

⑦.JPG

昨春、お迎えしたばかり、まだお庭では新参者の部類の白ヤマブキ、
こんなに成長が遅い木だとは思ってもみず。
もっと樹高のある株を買うんだったって悔やんでみても後の祭り。
2年めのいま、去年と樹高がほぼ変わらず、
頭の中で思い描くシーンを目にするためにあと何年、かかることか。



さて。

お庭づくりを始めて丸9年、この春には10年めへ突入。
引越のたびに西へ東へと連れ歩いてた鉢植えの木々を庭に降ろし、
新たに購入した木もあったりでお庭はほぼ満員御礼、
もう樹木系を迎えることはないだろうって思っていたのだけれど、
ちょっとした気の迷いかしら????

去年の春はなんとか「欲しいほしい病」をやり過ごしたリキュウバイ、
この春、やっぱりお迎えしてしまったww。

⑧.JPG

ハリネズミ、どうもこの手のお花には目がないみたい。
サイズこそ違えど、
リキュウバイのお花はギョリュウバイのそれとそっくりさん。
つまりはお庭にはないけれど、梅の花が好きってことかも。

件のリキュウバイは3月初旬、
断捨離ではタブーとされてる「安かったから」のエクスキューズのもと、
ジョイフル本田より連れ帰ってきた。
だって・・・・
ほっそり系とはいえハリネズミの背丈を越える株立ちの苗が1550円!
触手が動きまくり、素通りできずw。
ホワイトディ直前だったので、ダンナさんからのプレゼントとしてゲットv。
          しかもついでに一重咲きの白花モッコウバラと併せてねーww

まだ育て始めたばかりでその魅力は未知数だけど、
花付きはすこぶるよく、しかも開花期が長いのは花木としてうれしくて。
桜のように「パッと咲いてパッと散る」の潔さもいいけど、
小さなお庭でそれなりの植栽スペースを割いて育てるからには
ある程度の期間はしっかりがっつりと咲いてくれるほうがありがたい。
で、リキュウバイはといえば、
咲き始めてからもうひと月になるけど、まだお花が咲いてます( *´艸`)。

nice!(50)  コメント(6) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

やっと会えた♪ [ガーデン]

土曜日の朝、NORAタイムの折にチェックしたら‥‥

①.JPG

アゲハチョウ♪。

この朝、羽化したばかり。

②.JPG


去年の晩秋よりハリネズミ、
密かにアゲハチョウの「保護活動」をしておりましたw。


お庭には、かねてより育ててたレモンと昨春、新たに植えた朝倉山椒と
アゲハチョウの幼虫の好む柑橘系の木が2本。
春から秋遅くまで、絶えることなくアゲハチョウが産卵にやってきて。

正直、蝶々にはあまり関心がないというか、
葉っぱを食害する「置き土産」の産卵は喜ばしくないことで、
以前はずっと卵から孵ったばかり、
「鳥の糞」に擬態している状態のころには容赦なく捕殺してたのだけど、
あるとき、ハリネズミのチェックを逃れた幼虫がほぼ最終齢にまで成長。
ならばチョウになるまで見守ろうって決めた矢先、忽然と姿を消す
‥‥たぶん、鳥に捕食されたもよう。

それからは妙にアゲハの幼虫が気になってしまい捕殺をやめ観察を。
でも、なにもしないで見ていると、
蛹まであとひと息のサイズになるころに片っ端から鳥に食べられてしまい
‥‥ついに「保護活動」に着手。
それが去年の9月末ごろのこと、
あれから半年余り、姿を変えたアゲハとの再会を果たす。

③.JPG

ちょっと感動しました。


アゲハチョウの幼虫を育ててみて、新たに学んだことがふたつ。

①アゲハチョウの幼虫は最初に口にした柑橘系の葉だけを食べる

これは知らなかった新事実!
朝倉山椒の木にいた幼虫を保護してレモンの葉を与えたらまったく食べてくれず、
「なんでなんだー!」って調べてたら判明す。
卵から孵って最初にレモンの葉を食べればレモンの葉だけを、
山椒の葉を口にすれば山椒だけ、キンカンの葉だったらキンカンだけを、
蛹になるまでの幼虫の間ずっと、食べ続けるそうだ。
‥‥かなりの頑固者?

この食性にはかなり手こずらされた。
だって、去年植えたばかりの朝倉山椒の木はもとより葉数が少ないうえに、
春には木の芽和えをつくるのに摘み、
夏から秋にかけてはアゲハの幼虫が次々に食べてしまい、ほぼつるっ禿げ。
しかたなくダンナさんも動員して、
誰が植えたのか、公園や街路樹下に生えてた山椒の葉っぱを摘みに行ったり、
スーパーの野菜売り場で飾り付け用に売られてるのを買いに走ったり。
かなり大変でした。
好き嫌いをせず、柑橘系ならオールマイティだと助かるのにな。


②山椒は落葉樹なり

花オタなのに、ガーデナーなのに、恥ずかしながらハリネズミ、
山椒の木が冬には完全に葉を落とす落葉樹であることを知らずにいままで。
ご近所で見かける山椒の木、そういえば冬にはまったく意識してなかった。
葉の茂る春や夏には、
「あ、おいしそー」なんて食いしん坊な目で見ていたんだけどね‥‥。

④.JPG

植えつけから2年めを迎えたお庭の朝倉山椒の木も絶賛芽吹き中。
筍の木の芽和え、つくらねばw。

nice!(51)  コメント(13) 
共通テーマ:インテリア・雑貨
前の3件 | - ガーデン ブログトップ