So-net無料ブログ作成

ついに保健所からねこを引き出す 1/4 [猫]

先日はパウチを大量に狩って(買って)きたねこ母ハリネズミ、
今度はむぎほとこむぎの大好きなモンプチ缶をまた、
箱買いにて大量に狩って(買って)きたv。

むぎほとこむぎにお披露目~♪。

①.JPG
②.JPG

お迎えした当初は朝、昼、夕方、夜の4食だったごはん、
いまは朝、夕方、そして就寝前の3食。
そして就寝前のおたのしみがこのモンプチの缶詰。

おいしいものをお腹いっぱい食べて、
お昼寝するのも明るい陽射しの差す窓辺のふかふかクッション。

③.JPG

そして「寝る子は育つ」を地で行くように、
すくすく、のびのび、大きくなった。

こんなむぎほとこむぎを目にしていると、
里親募集サイトで見かける保健所収容のコたちが気になって。
とくに1週間という短い命の期限付きの山口県の保健所、
ここからの募集は見過ごせなくなった。

それがそのコの持って生まれた運・・・・

そう、割りきってしまえなかったハリネズミ、
「三度目の正直」で山口県の保健所より、ねこ、引き出す。

むぎほもこむぎも、野良さんが産んだコ。
最初に見つけた人が「保護して里親を探してあげよう」、
そう思ってくれる人だったから、
適切な医療を受けることができてハリネズミんちのコになった。

一方でそんな手間をかけてはくれない人に発見され、
捕獲、即座に保健所に持ち込まれたコっていうのはただ、
「運が悪かった」「ついてなかった」だけ?

そういう意味では、
ハリネズミがついに「引き出します」の手をあげたコたちは、
運の悪いコたちだった。

保健所に持ち込むような人に見つかっちゃったこともだけど、
その収容された日が先の保護カフェ準備中の獣医さんが
現地入りした当日だったことだって運が悪い。
どのみち収容されるならばあと半日でも早ければ、
ほかの仔猫たちといっしょに静岡行きの車に乗れたのに。

そのうえ、ひどい風邪っぴきで、
里親募集記事に添えられた写真のお顔には目ヤニがベッタリ。
風邪の治療も必要なうえに
見た目もそんな状態でお世辞にも「かわいい」とは言えず、
時を同じくして収容された真っ白な仔猫が
健康とその美貌ですぐに保健所を「脱出」していったのに、
このコたちの里親になりたがる人は現れないまま、
一日、また一日。

さらに
このコたちの募集記事を取り囲むほかの募集記事といったら
なぜか健康で愛らしい仔猫たちばかりで
見比べればどうしても見劣りしてしまうことは否めず

・・・・どこまで運に見放されてるんだっ!

場合によっては少しだけ「猶予」をもらえる収容期間さえも、
このコたちの場合はむずかしそう。
なんの治療も受けられずに日々悪化していく風邪で、
健康状態も見た目も悪くなり、
ますます引き取り手がつかなくなるのは必至、
となると期日どおりに・・・・。

先週の木曜日に募集記事が出てからずっと祈るような気持ちで
その動向を見守り続けてたけど、
ついに土曜日、今度こそ私が手をあげる!って思い始めて。

このまま殺処分で死なせてしまうのはあまりに不憫だった。
誰からも愛情をかけられず、名前も呼ばれず、
おいしいものだっておそらくは一度も口にすることもなく、
最期は殺処分だなんてね。

衛生的とはいいがたいケージの片隅にうずくまってるコたち、
ここのところ急に寒くなったから、
もしかしたらいまはもっと風邪をこじらせてしまってて
引き出したとしても助からないかもしれないけれど、
とりあえずまずは命の期限を切られた場所から助け出し、
ちゃんとした治療を受けさせてあげたい、
そしてできるなら里親さんも見つけてあげたい、
もちろん見つからなければうちのコでもいい、と。


で、日曜の夜、
「まずは『預かりさん』からではどうでしょう?」と、
募集記事を出してるレスキューボランティアさんに問い合わせ。
それが夜7時ごろのこと。
頻繁に電話連絡を取り合って2時間後の9時には翌月曜日、
羽田空港にお迎えに行くことが決定。

10月16日月曜日、岩国発羽田行、ANA636便、
空を飛び、ちいさな命がハリネズミの手に託されました。
ここまで読んでくださりお気づきの方もいらっしゃるかと。

ハリネズミの手に託されたちいさな命は、
ひとつ・・・・ふたつ・・・・みっつ~っ!!!

本当にひどい状態だったのでまだお披露目できないけれど、
この2日間の点眼と投薬でかなりよくなってきたので、
明日には3匹の姿を初お披露目できそうですv。
そして今日10月18日がこのコたちの収容期限でした・・・・。

*************************************************

3日間、サボった後に更新を再開した昨日のブログ。
コメント欄、閉め忘れました~っ!!!!
一度閉めてしまうとなかなか開く気になれなかったコメント欄、
意に反して8ヵ月ぶりのオープンとなり、
たくさんのコメントをいただき、とてもうれしく。
なので、これを機に開けてみようかなと。
ただ目下、子育てならぬ「ねこの仔育て」に忙しく、
リコメントが遅れたりできなかったりすることもあるやもしれず
・・・・その際はどうぞご容赦くださいませ。

nice!(55)  コメント(14) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

ブログ更新、再開します・・・・たぶん。 [ブツブツひとりごと]

毎日定時更新のはずのブログ、3日ほどサボっておりました。
いろいろと思い悩んでたこと、
その後の怒涛の非日常のできごとゆえに。

なので、すっかり鮮度が落ちてしまったけれど、
記録に残しておきたく
本日は10月14日更新予定だった記事にて更新を。

********************************************************

昨日、10月13日でむぎほとこむぎをお迎えして5ヵ月。
ハリネズミんちにやってきた5月、
アイロンの収納に使ってるバスケットに入っちゃうほどの
おチビさんだった2匹、

①.JPG

すっかり大きくなりました、
いや、それどころか大きくなりすぎたと言えるかも?
たぶん来週に控えた去勢手術の折の体重測定では4キロ突破、
これは確実だと思う・・・・。
並んだ後ろ姿、腰というかお尻周りがでっぷりまるまるw。

②.JPG

*****************************************************

今週、感動的な出来事がありました。
ダンナさんからは先日、閲覧禁止のお達しがあった里親サイト、
ハリネズミはいまだに覗いてて。
そのうちのひとつ、
むぎほとこむぎを譲り受けた「ネコジルシ」というサイトには
里親募集だけではなく、
日記などもアップされており、それも毎日のようにチェック。

そして半月ほど前、ある日記のタイトルに目が留まる。

読んでみれば山口県の保健所に収容中のねこが収容後に出産、
その里親募集を目にした方がほかに誰も引き取り手がないのなら
自分が引き取ろうと思うと綴ってらして。
保健所内で出産したねこは親仔まとめての引き出しがルールゆえ、
里親に名乗り出る人はめったになく、
多くの場合はそのまま処分になるそうだ、親仔ともども。
それを引き取るつもりだと、
しかもお住まいの静岡から山口までお迎えに行って。

さらに遡って過去の日記にも併せて目を通せばその方、
保護ねこ(犬もちょっといる)カフェの開業を計画中の獣医さん。
だけど保護ねこなら、静岡にだっているだろうし、
すでに近隣の保健所からも持ち込まれたねこを引き受けてるのに、
それでも里親サイトで目にしたその親仔を見捨てることなく、
救いの手を差し伸べるという。

それだけでも感動で胸を熱くしていたところ、
お迎えの日が近づいたころに更新された日記を読んで、
その親仔猫だけでなくほかにも、
できるだけ多くのねこを引き出し連れ帰ってくることを知り、
また胸が熱く・・・・。

実はその方が山口へと向かわれた当日、
山口の保健所にはまたハリネズミが里親決定を待ちわびてる
ねこが収容されてた。ちょうど期限はその日まで。
毎日、何度チェックしても里親を名乗り出る人はなくて、
掲載期限に「今日まで」の赤字が出たときには
今度こそハリネズミが名乗りの手をあげるか!?と思った。
ただ、今回の気になるコは3ヵ月の茶トラの姉妹。
募集記事には「どちらか1匹でも譲渡可」とあったけれど、
どちらかだなんて選べない、
・・・・ということは「2匹まとめて」になるわけで、
前回よりもさらにハードルの高い決断をしなくてはならない。

どうしよう・・・・

そう思ってたら午後になり、
チェックをした里親サイトからそのコたちの募集記事がなく、
あわててチェックしたら里親決定の欄に、
ピンク色のリボンの添付されたそのコたちの写真。
でも、相変わらず里親申込のカウントはゼロのまま。

もしかして、あの方が茶トラ姉妹も引き出してくれた?

いま思えば運のよいことに茶トラ姉妹、
保健所内で出産した親仔と同じ保健所の収容だった。

そうなるとどうしても訊いてみたくなり、メール、出しました。
「もしかして茶トラ姉妹も引き出していただけた?」って。
なにも行動を起こさなかったくせに、
その行方を気にする身勝手さ、図々しさを百も承知のうえで。
で、いただいた返信は「Yes」・・・・ヨカッタ!

そして茶トラ姉妹だけでなく、
当日、保健所にいた仔猫たちは残らず引き出していただけたそう。
その数22匹!
ただどのコも下痢をしててひどく痩せてるようなのは気がかり。
(1匹は翌日には亡くなってしまったそう)
適切な医療を受けられる環境で早く元気にころころに太り、
保護ねこカフェから「ずっとのおうち」に迎えられ、
しあわせになれますようにって祈るばかり。

その方の保護ねこカフェが開業の運びになった日にはハリネズミ、
すぐにでも飛んでくつもり。

*****************************************************

・・・・というような記事、すでに準備できてた14日土曜の朝、
そしてそれから深夜までずーっと続いたソネットの障害。
どうも一部地域とか使ってる回線とかによるものだったみたい?
とにかくハリネズミは、ブログもメールもできない状態だった。

で、その日のうちに重症化していったある思い悩み・・・・。
その打開のためにさらに2日、ブログ更新の気力なしで今日まで。
ここまででもじゅうぶんに長ーい記事になってるので、
本日のところは結論のみを。

・・・・山口県の保健所より収容ねこ、引き出しました。

nice!(53)  コメント(28) 
共通テーマ:インテリア・雑貨