So-net無料ブログ作成
サルスベリの観察日記 ブログトップ
前の3件 | -

花芽があがってきました [サルスベリの観察日記]

このところの雨の恵みで、ぐんぐんと枝を伸ばしているサルスベリ。
1番高くまで伸びた枝は180㎝くらいになりました。

サルスベリ①.gif

わが家のサルスベリは、私の好みでスタンダード仕立てになっています。
主幹は100㎝ほどで成長点を止めました。

今朝、枝先をチェックしていると、まだ1つだけど、花芽を発見。
サルスベリの花芽は、こんなふうに春から伸び始めた枝の先端につきます。

サルスベリ②.gif

花が咲き始めると、その重みで枝が枝垂れてくるので、
主幹を100㎝くらいの高さにしておくと、花がちょうど目の
高さぐらいになって、間近で愛でることができるんですV(^0^)。

今年はアブラムシが大発生して、殺虫剤を撒こうかなと迷ったけれど、
たくさんやってきてくれた、テントウムシとその幼虫によって撃退され、
他の枝先もこんなにきれい。めでたしめでたし♪♪。

サルスベリ③.gif
サルスベリ④.gif

後はなりゆきに任せて [サルスベリの観察日記]

サルスベリのアブラムシ被害がとまらない。新芽にアブラムシがつくのは毎年のことだけど、こんなにアブラムシがついたのは初めてでもうお手あげ状態。春先に例年どおり株元にオルトランを撒いたのに、わんさかアブラムシがついている。あまり使いたくはない殺虫剤だが今年は使うべきか、それともオルトランをもう一度撒こうかと思いあぐねていたが、このまま放置してなりゆきに任せることにした。
もはやサルスベリの木にはアブラムシとアリとテントウムシによる一つの生態系が形成されてしまっていて、私が介入するのがはばかられる様相になっている。テントウムシの成虫やら幼虫やらがざっと数えただけでも30匹、サルスベリの葉や枝をうろうろしている。このサルスベリに向かって殺虫剤を撒けば、テントウムシも合わせて死んでしまうだろうし、オルトランでアブラムシ退治をすれば食べるものがなくなってやっぱりテントウムシは困るだろう。
サルスベリ②.gif
アブラムシ以外にも、わが家では「ゲロゲロビボンバ」と呼んでいるオンシツコナジラミめいたものもついてるのは気になるが仕方ない。すでにアブラムシ被害によって枯れた枝先には新たな新芽の復活も見られるし、少し前にアブラムシのついたブッドレアはテントウムシの力だけでアブラムシがいなくなったから、テントウムシ頼みで何とかなると信じようと思う。
サルスベリ①.gif
サルスベリ③.gif
庭のあちらこちらでテントウムシを見かけるのは楽しくてほのぼのする。今日はボリジを散歩するテントウムシを見かけた。この楽しみのため、サルスベリにはナチュラルなアブラムシ退治で我慢してもらおう。
ボリジ.gif


伸びてきた新芽にアブラムシが発生 [サルスベリの観察日記]

新芽がぐんぐん伸びて、15cm程度になる。定点観測をしようと思っていたのに、隣り合う枝葉が重なり合い、すでに1本の枝だけを撮影するのが困難な状況になってきた。毎年のことではあるが、新芽の先にアブラムシが発生。サルスベリは伸びた枝の先に花芽がつくので何としても駆除しなければならない。まずは株元にオルトランを撒いて、今くっついているアブラムシは丁寧に水で洗い流した。

サルスベリ.gif
前の3件 | - サルスベリの観察日記 ブログトップ