So-net無料ブログ作成
検索選択

「うちのコ」記念日 2/2 [猫]

「川原に目も開いてない仔猫が捨てられてるんだけどどうしよう」。

すっかり日も落ちたころにやってきたご近所の方に
こういう申し出を受けてしまったのにはそれなりのワケがあって。

別にハリネズミ、
今も昔も保護猫のボランティア活動はしたことはないのだけれど、
ルーチェくんたちを保護したときから遡ること1、2年前、
やっぱり桂川の川原でこのご近所の方が仔猫を拾ってきて飼い始めて、
後に拾ったときの経緯を聞く機会があった折に
捨てられてたのはそのコだけでなくもう1匹いたという話を耳にする。
思わず聞き返したよ、「もう1匹の仔猫はどうしたの?」って。
答えは「置き去りにした」。

なんだかねぇ・・・・。

こういう話をお勤めしてたときにも一度、
捨て猫を拾って飼い始めた同僚の口からも聞いたことがあって、
そのときも「よくそんなことができたよね~」という言葉を
なんとか口にせず飲みこんだものの、
いつまでも消えずに残ったモヤモヤとした不快な気持ち。
それでご近所の人に置き去りの一件を聞いたときには
「もし次に保護の必要なねこを見かけたときは、里親探しとか
協力するからそのまま置き去りになんてしないで教えてね」と
言ってあったものだから、
・・・・「ねこが捨てられてる」と伝えにいらしたわけだ。
口は災いの元?

でも2匹の捨てられた仔猫がいて、
どちらか一方だけが抱きあげられ、とある家に迎えられるという
状況を思い描くと、選ばれずにその場に取り残されたほうのコに
感情移入してしまう。
母ねこから引き離されていきなり未知の屋外に放り出される、
それだけでもかなりのショックを受けてるだろうに、
その場に取り残されたコは寄り添い不安を分かち合ってた兄弟も
いなくなったあとはひとりぼっち、
どれだけ心細い思いをすることかを思いやれば、
どちらも拾わないほうがまだマシなんじゃないって気もするほど。

そういう先立つ事情がありまして、
ハリネズミが見つけたわけではないのだけれど
かねての自分の言動に責任を持つ形で離乳までずっと、
ルーチェくんともう1匹のコのお世話をすることになったわけで。
ただ「里親探しのお手伝いはする」とは言ったけど、
「ミルクボランティアになる」と言った覚えはなかったけどね、
彼女は外出することが多いから面倒を見れない、
つまりは自分だけならそのまま「見なかったことにして放置」らしく、
だったらハリネズミがやるしかないな、と。
だんだんかわいく、やんちゃになっていくその成長を見守るのは、
しあわせな時間でもあったけど、大変といえばタイヘーン!

ひと月経ってもその姿は、まだねこにはなりきれてないし。

5月23日、生まれて1ヵ月めのルーチェくん
⑬.JPG

ふた月経って、ようやく紛れもなくねこの姿になるv。

6月20日、もうすぐ2ヵ月になるルーチェくん
⑭.JPG


2匹まとめてうちのコにしたいと思ったころもあったけれど、
母ねこ恋しさからかな、
ルーチェくんが妹ねこの体のあちこち、
とくにお尻周りを吸うことにご執心でいっしょにしておけず、
離乳を待って1匹ずつ仔猫を引き取ることを第一発見者に打診して
了解を得る。
だけどその後もどちらを手放しどちらを正式にうちのコにするのか
決めがたくて迷いまくり。

そんなある日、外出から戻ったハリネズミが玄関を開けると
ミルクの時間が待ちきれないルーチェくんがたたたって廊下を走り、
ハリネズミの胸元めがけてジャンプ、
ブローチ状態のままでミルクをせがんでニャンニャン鳴いて
・・・・「か、かわいい」とハリネズミ、その瞬間、
ハートを射抜かれ、「ルーチェくんをうちのコに!」って決めた。

ミルク卒業をめざし離乳食特訓中のルーチェくん
⑫.JPG

ルーチェくん、初・ねこじゃらし
⑯.JPG

ほかにも「初・トイレでうんち」なんていう記念写真もあったけど、
うんちもしっかりと写ってたので割愛。

晴れて正式にハリネズミんちのコになったころのルーチェくん
⑮.JPG

第一発見者であるご近所の人に先の「ブローチ」の一件を話して、
「グレーの男のコのほうを引き取りたい」と告げたならば
あっさり了承されまして、
でも彼女が「ねこはどのコも選り好みなく好き」と付け加えたときは
イケズなハリネズミはココロの中で、
「嘘つき~! 選り好みしないなら2匹の捨てねこのうちの1匹だけ、
選ぶなんてことはできないだろう~!!」って吠えておいた。

正式にハリネズミんちのコになったルーチェくん、
いよいよ先住猫さんたちとご対面のときを迎えることになったのだが、
その当時、4匹いた先住猫のうち3匹は当初は総スカン状態で、
唯一、優しく受け容れてくれたのが最年長のマロくん。

⑰.JPG

毛色は似てるけど、2匹はまったくの赤の他人。
ちなみにマロくんはムギちゃんとゴン太くんのパパ、
両者の毛色はブルーと茶トラ、茶トラ白とまったく似てないけどね。

やがてルーチェくんもすくすくと大きくなって生後半年を迎えて。

BEFORE-AFTER
⑱.JPG⑲.JPG

こうやって同じ猫の成長の写真を並べると、
仔猫ってどれだけ頭でっかちなのかが一目瞭然でおもしろいなw。

体は大きくなってもルーチェくん、
「マロくん、大好き♪」な気持ちは変わらず、始終ベッタリ。

⑳.JPG

でも、やがて問題勃発。
生後6ヵ月を迎えるころになると、
ルーチェくんの「マロくん、大好き♪」がアブナイ方向へ向き始め、
寛容なマロくんも困惑顔になってきたのでルーチェくん、
獣医さん送りにしてちょっと早めだけど去勢手術、受けました。

nice!(6) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

「うちのコ」記念日 1/2 [猫]

今日はルーチェくんの「うちのコ」記念日。
そして去る23日、サン・ジョルディの日はお誕生日で、
茹でてほぐした鶏のささみとダイスカットの鮪のお刺身という
ルーチェくんの大好物ばかりのスペシャルごはん ♪ でお祝い。

⑤.JPG

生後3日で捨てられてたルーチェくんも早15歳とは!
15年、振り返ってみればあっという間。

ルーチェくんと出会った15年前の今日、
京都・嵐山は季節外れの寒さで夕方からはぐんと冷え込んで、
夜半過ぎからは雨も降った。
なにもそんな日に離乳前、
というか生後3日の目も開かぬ仔猫を捨てなくてもいいのに、
ルーチェくんとほか2匹の仔猫は、
毛布の切れ端でもカイロをくるんだタオルでもなく、
硬く冷たい瓦礫といっしょにトロ箱に入れられ捨てられてた。
保護したものの、
都合よくねこ用のミルクや哺乳瓶が手元にあるはずもなく、
チャリンコをブッ飛ばして渡月橋を渡り、
閉店間際の丸太町通りのホームセンターまで全速力でひた走る
・・・・そんなこともいまとなっては懐かしい思い出だけど、
そのときはとにかくただ必死だったし、
捨てた人に対してモーレツに腹を立ててもいた。
ほとんど「死ね」と言ってるような状態での遺棄、
そのくせ殺処分になるとわかっている保健所には持ち込まない。
ズルすぎ~!!!

まだ保護したばかりのころ、目が開く前のルーチェくん。

②.JPG

このころはまだ毎日がドキドキの連続、
朝起きて生存を確認できたらホッと胸をなでおろすような日々。

ようやく落ち着いて「かわいいな」って思えるようになったのは、
保護してから半月後くらい、
目も開いてヨチヨチ歩きを始めてなすびサイズになったころw。

③.JPG

このころになるとダンナさんにも授乳ができるようになって。

④.JPG

だって、哺乳瓶を前足でホールドするだけでなく、
その姿を見ただけで吸い口へと自分から身を乗り出していくんだもんw。

⑤.JPG

すくすく育ち、だいぶんねこらしく、かわいくなって。

⑥.JPG

このころお気に入りだったタオル地のぬいぐるみ。
いっつもピタッとくっついて眠ってた。

⑦.JPG

そしてこのころはその小ささゆえ、
成ねこには入れない入れ物にインして写真を撮ることも多く。

バスケットにイン♪
⑧.JPG

ホウロウのバケツにイン♪
⑨.JPG

毎晩、健康管理のために体重測定もしてました。
このときは700グラムほど、まだまだちっちゃいw。

⑩.JPG

いっしょにトロ箱に入ってた妹ねこちゃんと。

⑪.JPG

さらにもう1匹、同じトロ箱に入ってたコは、
ハリネズミの力不足で助けてあげることができず、
保護して数日後、目も開かないうちに亡くなってしまった。
そして上の写真の妹ねこちゃんはといえば、
ルーチェくんたちを「最初」に見つけた人に責任分担ねってことで
引き取ってもらう。

そう、
ルーチェくんたち入りのトロ箱を見つけたのはハリネズミではなく、
ご近所の人、ねこだけでなく犬も飼ってたその人が、
正確に言えば散歩に連れてってたねこ好きのそこんちのワンコが
発見したわけで。
すでに暗くなったころにピンポーンってハリネズミんちに、
「川原に目も開いてない仔猫が捨てられてるんだけどどうしよう」と
言いにいらしたのだった。

なぜ、そんなことになったのか? ・・・は明日につづく。

nice!(54) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

春なので [猫]

たとえるならその差は
マンダリンオレンジとネーブルオレンジといった感じかな。

①.JPG

チェロくんとステラくんの、
コーミング後の抜け毛を丸めた毛玉の大きさの違いw。

②.JPG

マンダリンオレンジサイズのがチェロくんの、

③.JPG

ネーブルオレンジサイズのがステラくんの。

④.JPG

暖かくなってきて絶賛換毛期中のニャンコたち。
コーミング後の毛を丸めて「本日の収穫」(!?)を確認するのも
ちょっとしたおたのしみ。

兄弟猫のチェロくんとステラくん、
色は違えど模様のパターンは「鉢割れ&ソックス」とおそろい。
でもその毛質はぜんぜん違う。
チェロくんはいわゆる猫っ毛。しっとりと柔らかい。
一方、ステラくんはといえば、
昔、実家で飼ってた柴犬を思い出すような手触りの剛毛系。
しかもトップよりアンダーコートの密集した寒冷地仕様で、
たとえるならシベリアンハスキー風。
だからコーミングの頻度は同じでもその抜け毛でつくる毛玉は
マンダリンオレンジとネーブルオレンジになるみたい。

本日もブログ更新後には日課のコーミングタイムです。
また大きな毛玉、できそうw。

nice!(51) 
共通テーマ:インテリア・雑貨