So-net無料ブログ作成
検索選択

懲りずにまた種を採る。 [ガーデン]

面倒くさいなぁってずっと先延ばしにしてた作業に着手。
取り出したのは種を採ろうって
取り置いておいた刈り取り&乾燥済みのアスペルラ。

①.JPG

GWにジョイフル本田にて購入したアスペルラ、
6月末までたくさんのお花を咲かせ楽しませてくれた。

②.JPG

むぎほとこむぎを迎えてすぐだったから5月の半ばごろ、
2匹に会いに来てくれたブロ友・ぽんこちゃんも
玄関ポーチの寄せ植えに使ってたアスペルラを目にして、
「いい色~♪。挿し芽にはできないの?」って
ひと目で気に入ってくれたみたいでv。
もちろん挿し芽で殖やせるものならば
その場で挿し穂用の茎を切り取って進呈したのだけれど、
残念ながらアスペルラは一年草、挿し芽で殖やせず、
「種を採ったらお裾分けするね」と約束を。

で、地味に採種作業。
ぽんこちゃんと交わした約束がなければできなかったかも。
綿毛付きの花がらを指先でぐりぐりと縒るようにしてほぐし、
こぼれ出た種を拾うこと1時間。

③.JPG

ようやくひと株分の採種、終了。
2ポット購入したアスペルラ、
採種用に取り置いておいたのがもうひと株分、あったけど、
これだけあればもう十分かなと採種せずに廃棄。

とりあえず採種してみたものの、
アスペルラの種は予想外に小さくてうまく育てられるかな。
去年の晩夏から初秋にかけて悪戦苦闘した、
種蒔きからのビオラの育苗の失敗が思い出される・・・・。

小さなお庭だと植えられる植物の数も限られるから、
種蒔きはせず苗での購入が基本スタイルだけど、
ちょっと入手が困難そうな植物はつい、
次の年も楽しみたい誘惑に駆られ種を採ってみたりも。

お庭ではアサガオのお花が咲き始めてます。

④.JPG

去年も育てた桔梗咲きの青のアサガオ。

⑤.JPG

きれいだなぁって種を採ったはずなんだけど、
はて、どこにしまったかしら? ・・・・と思っていたら、
このアサガオに関しては今年も無事、出会いに恵まれたv。

************************************************

今朝は窓辺のコンソールテーブルが人気。

⑥.JPG

晴れた日には陽射しで暑くなり過ぎてしまうこともあるけど、
今日は雨模様ゆえ。
グルーミングに耽りつつ、思いおもいにまったりと。

こうやってチーム・むぎむぎ、2匹並ぶと毛色の濃淡が歴然。
センター、薄茶がこむぎ、傍らの濃い茶がむぎほ。
似てるのは4本の足にビシバシと入る縞模様だけ~。

nice!(49) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

Summer Garden [ガーデン]

ツルバラ ‘ レイニーブルー ’ 、ちょこっと返り咲き中。

①.JPG

写真を撮ったのはまだ強い陽射しが照りつける前の早朝、
お花が開いた直後のこと。
連日の夏日、お花の見ごろはほんの半日といったところで、
午後には完全に開ききり見ごろを過ぎてしまう儚さ。
きれいな秋バラを楽しむためには
夏のつぼみは捥いで咲かさないほうがいいらしいけれど、
「咲きたいなら咲いとこうか?」っていう
ゆる~い放任主義にて育ててます。


そして先日、4ポット98円という
ビックリなプチプライスで購入したニーレンベルギアも、
切り戻し後、2度めのピークを迎え、

②.JPG

トレニアもまた続々開花中。

③.JPG

やっぱりこういうブルー系のお花って好き。
なんたって夏にぴったりの涼やかさ。

でも・・・・

④.JPG

時に気の迷いでこんな色のお花を買ってしまうことも。
チェリーピンクのバーベナ、いい色なんだけど暑苦しい~っ!

***************************************************

むぎほの新しいハマりごと、かくれんぼ。

⑤.JPG

クッションやブランケットの下にもぐって身をひそめる。
この日は上手にかくれんぼできたけど、
3回に1回くらいは「頭隠して尻隠さず」状態になってるの、
本人は気づいてないみたい。
長いシッポがちょろっと出てたりするw。

nice!(56) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

アナベル、そしてミナヅキ [ガーデン]

アナベルの剪定をしました。
すっかりライムグリーンへと色を変えたアナベル、
虫がついてないことを念入りに確認のうえお家に持ち込み
ドライフラワーにすべくジャグに無造作に挿して。

①.jpg

もっとも刈り込んだ時点で8割がた、ドライ状態だけど。

②.JPG

ほかのアジサイもアナベルと同じくらい、
簡単にきれいなドライフラワーになればいいのに
・・・・というのはいつも思うこと。
今年も3輪、色アジサイのドライフラワーに挑戦すべく、
飾り梁に下げてみたけれど、

③.JPG

色はきれいに残ったものの花びらは縮れてしまった。


今回、剪定してドライフラワーにしたアナベルは、
パーキングエリア脇に植わってるひと株分。

④.JPG

たくさんあるんだからと
少しでも傷みのあるお花は思いきって処分を心がけたけど、
結局16輪がドライフラワー候補に。

そして、キャットルーム前にまだこんなにてんてこ盛りに
刈り取られるのをまってるアナベルのお花が。

⑤.JPG

こちらもそのほとんどを捨てるに捨てられず、
ドライフラワーにしてしまいそう。

上の写真にも写りこんでるピンク色のアジサイ、
いちおう「四季咲き」ってことになってる ‘ 霧島の恵み ’ 。

⑥.JPG

一輪だけだけど返り咲き中~♪。

そしてまだガンバってるピンクアナベルの向こうでは、
あじさいシーズンの最後を飾る
‘ ミナヅキ ’ の花穂がもこもこと誕生中~♪♪。

⑦.JPG

*************************************************

やんちゃで暴れん坊のむぎほ、じっとしてるのが苦手。
趣味はこむぎとのバトル?
以前はいきなり不意打ちで背後から羽交い絞めなんてことが
多かったけど近ごろでは、

やる?

⑧.JPG

やるよね?

⑨.JPG

お尻ふりふり、シッポゆらゆらで誘いをかける。
ま、写真でもわかるように
こむぎにはまったくその気はないのだけれど。

「いきなり」「背後から」のだまし討ち風から
「意思確認」「正面から」に変化したバトルのスタイルこそ、
「仔猫の社会性の獲得」っていうやつ?

もっともこの日、
あまりに「構え」の姿勢での待ち時間が長かったむぎほ、
こむぎがその気になったときには思わず尻餅を・・・・。

⑩.JPG


昨日のハリネズミんち地方、
午後、ゴロゴロドーンって盛大な雷と稲妻をを伴う激しい雨が
小一時間ほど降った。
生後4ヵ月のチーム・むぎむぎには生まれて初めての雷体験。
その反応はといえば、
こむぎ、「イカ耳」になりながらハリネズミの膝の上で丸まる。
むぎほは雷を怖がるこむぎのシッポにひょいひょいって、
ちょっかいを出してジャレつくほどの余裕。
こんなとこにもまた2匹の違いを発見。

nice!(54) 
共通テーマ:インテリア・雑貨