So-net無料ブログ作成

時を重ねて。 [ガーデン]

思い描いてたシーンがようやく目の前に。

①.JPG

プミラのグリーンに縁どられた真っ黒のポスト。

7年前の春遅くにふた株、
ポストの下に植えたプミラはそれほど耐寒性はないみたいで、
春から夏にかけてはそこそこ育っても冬になれば枯れこみ、
その成長は「三歩進んで二歩下がる」
・・・・みたいな。

3年前、
植えつけから4年の夏の日にもまだこんな透かすか状態、
思い描いてたイメージには程遠くて

②.JPG③.JPG

植えつける植物のチョイスを誤ったかなと思ったことも
あったっけ。

それが待つこと7年、めでたくイメージどおりにv。

④.JPG

黒いポスト、枕木の木肌の色をバックにするよりも
瑞々しいグリーンの縁取りのほうがクールな雰囲気が際立つし、
なによりその生い茂る葉はここで積み重ねてきた暮らしの証、
その事実がお気に入り度をさらにアップさせるのだった。


本日のこむぎちゃん。
ドアストッパーの金具リングをガジガジ齧り中。

⑤.JPG

この表情に一瞬、「むぎほ?」って思ったけど、
紛れもなくこむぎだった。
顔のパーツがすべてーセンター寄りのむぎほと違いこむぎ、
実は目と目の間がちょっと離れ気味。
しかも目を細めるクセ(?)もありで、
ちょっと気を抜くとこんなブチャイク顔に・・・・。

⑥.JPG

被写体が同じねことは思えない、2葉の写真。

nice!(51) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

* 仙人草 * [ガーデン]

気づけばアーチに絡ませた仙人草のお花が咲いてました。

①.JPG

日本の野山にも自生するクレマチスの一種とか。
わさわさとした花芯の白い小花。

②.JPG

でも、「こんなお花だったかな?」と
去年初秋の捕獲記事を繙いてみれば、
お花屋さんの店先でハリネズミのココロを射止めたのは
こういうお花で、

③.JPG

もしかしていま咲いてるお花は
咲き始めてから時間の経った散り際のお花なのかもしれず。

捕獲時は手のひらサイズの小苗だった仙人草、

④.JPG

わずか1年で3メートルほどにツルを伸ばし、
誘引しなくても自力でアーチに絡みついているものの、
小さなお庭ゆえ、
アーチのすぐ後方にはチェストベリーが葉を茂らせており、
どうもお花が咲き始めたことに気づくのが遅れたよう。

⑤.JPG

残ってるほかのつぼみに期待だな。

仙人草のお花の写真を撮ってるときにファインダー越しに
チェストベリーの枝に見えた見慣れぬ物体、
なんだ、コレ?

⑥.JPG

虫らしからぬ色に最初は虫とは思わなかったけれど、
寄った写真をさらにトリミングしてみれば、

⑦.JPG

虫だった! 脚もあるし。
気になって「翡翠色の昆虫」でネット検索したらすぐヒット。
アオバハゴロモという名のカメムシ目の昆虫とわかる。
しかも害虫! こんなにきれいな色をしてるのに。
珍しい虫ではないらしいけど、生まれて初めての遭遇だった。

************************************************

チーム・むぎむぎのバスルームブーム、いまだ健在で、
2匹そろってバスタブの中。

⑧.JPG

2匹の熱い視線を集めてるのはバスタブの栓。

⑨.JPG

なにがおもしろいのか、この栓を外すことにひどく執着、
何度戻してもすぐに外してしまうばかりか、
ついに栓の中の屑取りのパーツも外すようになって。
栓はそこそこの大きさと重さがあるけれど、
屑取りパーツは小さく、軽く、
なんでもテイクアウトしてしまうむぎほがどこかに運び去り、
行方不明、そんなことにもなりそうで栓を閉めることに。

効果てきめん、栓を外されることはなくなったv。

ただ、栓を外すことに情熱を注いてた2匹、とくにむぎほは
この事態を受け入れがたいようで、
外せない栓と格闘してるむぎほがヒステリーを起こし発する
奇声がバスルームから聞こえてくるように。

外せなくなっちゃった栓をじっと見つめるむぎほ(写真左)に、
「むぎほ~」って呼びかけてみれば、
視線をあげたその顔はとても悲しげで(写真右)

⑩.JPG⑪.JPG

なんだかかわいそうな気がしないでもなく。
チーム・むぎむぎの関心がほかに逸れる日が待ち遠しい。

nice!(62) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

8度めの秋も。 [ガーデン]

今年もそろそろ花盛りを迎えつつある、
朝の陽射しのなかでパカッと花開いたゼフィランサス。

①.JPG

8年めの今年も健在。


「今年もまた咲くかな?」って気にかけてた
突然変異か色が変わった黄色のゼフィランサスも咲いた。

②.JPG

元はほかと同じ白い花だったのに、
なぜか黄色いお花が咲くようになって5度めの初秋。

「ウッドフェンスの下に一直線に白いリボンが伸びるように」、
そんな目論みを持って
せっせと植えつけたゼフィランサスの球根数百球。
なので4年前、初めて黄色いお花が咲いたときには、
調和を乱す不協和音って球根ごと、
掘りあげてしまおうかとも思ったのだけれど、

③.JPG

控えめなレモンイエローだし、ほぼ一日花だから、
さほど調和を乱す存在でもないかと思い直しそのままにして、
いまでは「今年も咲くかな?」って気になる存在に。
咲いても数輪の黄色いお花、
今年は9月7日と8日にひっそりと咲いたのだった。

この日の咲き具合はこの程度。

④.JPG

お花の咲いてない部分も若干ありだけど、
年に数日限定の、こんな「一直線の白いリボン」の日も
間もなくかとw。

⑤.jpg

来るべき「その日」、いいお天気になるといいな。

⑥.JPG

*********************************************************

本日も元気いっぱい、チーム・むぎむぎ。
こむぎは右前足しか写ってないけど。

⑦.JPG

本日はこれから朝一番で獣医さんへ。
今朝、ちょっとしたアクシデントが発生。
ルーチェくんの心臓のお薬、
チーム・むぎむぎのどちらかが飲んでしまった・・・・。
小さい一錠をさらに半分にしたお薬は扱いにくく、
そのうえ先生からは「苦いお薬」とうかがっているから、
いつもスライスチーズでくるんでルーチェくんに投薬してる。
そのチーズがどうにも食べたかったみたい、チーム・むぎむぎ。
食いしん坊のこむぎがおおいにアヤシイって思うけど、
むぎほとこむぎ、
どっちが食べてしまったのかはわからないから、
2匹まとめて連れてくしかなく。
心配です・・・・。

nice!(51) 
共通テーマ:インテリア・雑貨