So-net無料ブログ作成
検索選択
ガーデン ブログトップ
前の3件 | -

お庭のブルーコレクション [ガーデン]

小輪ではあるけれど目を引く澄んだブルーのお花が咲きました、
チオノドグサ `ルシール’ 。

①.JPG

とってもきれい。
これもまた去年の晩秋、1袋100円の見切り品セールの際に
大量捕獲した球根のひとつで、4袋40球をまとめて。
もちろん買って大正解v。このお花がなんと10円だもん。

②.JPG

このとき併せて買ったアイフェイオン、
いわゆるハナニラの `ジェシー’ もいっぱい咲いてくれてうれしい。

③.JPG

`ジェシー’ は何年か前からお庭で育ててはいたのだけれど、
球根はどどーんとまとめ買いが常のハリネズミとしてはめずらしく
最初の購入ではひと袋ぽっきりだったようで、
毎年咲くお花はほんの数輪だけでなんだかなぁって欲求不満気味。
なので、見切り品の球根を見つけたとき在庫の5袋全部ひとり占めw。
増員の甲斐あって今年はたくさんそのお花、見ることができた。

一般的なハナニラと見比べるとその青さ、際立ちます。
写真左奥が `ジェシー’ 、右手前が一般的なハナニラ。

④.JPG

花びらも若干厚めなのかも、
雨に打たれるとすぐに傷んでしまうポピュラーなハナニラよりタフ。

さて、2種のハナニラの間にも見え隠れしている青い花。

⑤.JPG

アジュガのなかでもとくにお気に入りの、
クリームとピンクの斑入り葉がかわいい `バーガンディグロー’ 。
ランナーを切り離し株分けしつつ増産中。

そしてこちらは、ランナーを切り離す前にレンガの小道の目地に
自ら根をおろして勝手に育ってるアジュガ `チョコレートチップ’ 。

⑥.JPG

ほかにも勝手に脱走したものがいろいレンガの目地で成長してます、
アジュガと同居してるのはルブス、後方の黒いのは黒龍。

ほかの季節よりも春は大好きなブルー系のお花を咲かせる植物が多く、
たのしみな季節。
そして春の青花として忘れちゃいけないのがコレ、シシリンチウム。

⑦.JPG

昔からある植物みたいだけど、お庭にお迎えしたのは昨春。
大好きな青花だからお店で見かけるたび手には取ってみるものの、
生育が旺盛なのかおそろしく根詰まり状態の苗ばかりでスルー続き。
でも去年、比較的いい苗を見つけたので試しにひと株買ってお庭に
植えてみたらみごとにハマったw。
たしか最初のひとつは去年3月にジョイフル本田にて購入、
お庭に下ろしてみたらポット入りのときとは比べようもないほどの
見映えに惚れこんで、
その後、花苗がとても安いいつものスーパーの園芸コーナーにて、
12ポット、16ポットと2度の爆買い&買い占めを決行
・・・・合計29ポットをお庭のあちこちに散りばめて植えつける。

そのシシリンチウムのお花も先週末から咲き始めましたv。

⑧.JPG


ムギちゃんのことがあって、12月から3月までの3ヵ月あまり、
まったくお庭のお手入れをできなかったのに、
そんなおサボりなんてまるでなかったかのように
季節が巡ってくればちゃんとお花を咲かせてくれる野放し球根や
宿根草、そしてこれから開花のときを迎える花木ってありがたい。

nice!(56) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

ラストシーズンの花車 [ガーデン]

4年めの今年、
これで最後となるチューリップの花車もそろそろ見頃に。

①.JPG

植えつけたときからどんな花色なのかドキドキだったそのお花、
意外にも透け感のあるきれいなオレンジ色だったv。

育ててみたいなと探してみればこれしか見つからなかった、
なんの変哲もない昔ながらのチューリップのオレンジ色。
赤、白、黄色にピンクくらいならどこにでも売ってるのに。

球根のパッケージの写真の花色は思い描いていたそれではなく、
なんだか朱色っぽい感じ。
こんなの咲いたらイヤだな~って思ってたんだけど、
いざ咲いてみたらその色は写真とは大違いでバンザーイv。

②.JPG③.JPG

花車の最後のシーズン、ガッカリな結果にならなくてヨカッタ。


4年前の春に購入したブリキ雑貨の手押し車、
そろそろ寿命のようで腐食が進んだ右後ろの脚が昨秋、
ポキッと折れてしまったのでチューリップが咲き終わると同時に
処分するつもり。

秋から春にかけてはチューリップの球根を40~50球まとめて
植えつけること4度。
その歴史を振り返ればこんな感じでした。

◆2014年◆
④.JPG

売れ残り1球10円までに見切られた球根をまとめ買いして、
歳の瀬に適当に植えてみたのが最初。
意外に見ごたえあるなと毎年の植えつけを決意。

日中の全開のお花よりも早朝の閉じた状態のほうが好きだなって
思ったのもこのころだった。

⑤.JPG

◆2015年◆
⑥.JPG

思いつき&駆け込みで植えた1年めと違い2年めは、
じっくり選んだ斑入り葉と赤いお花のミニチューリップを植える。
が、これがおろしく不発で、
草丈がほとんど伸びないうちに早々と咲き始めたお花にガッカリ。

⑦.JPG

咲き進んでもやっぱりちびちびのままでバランスが悪く、

⑧.JPG

早々に撤収して残ってたお花は切り花にてお家の中で楽しんだ。

⑨.JPG

斑入り葉と赤いお花のチューリップ、
イメージどおりに育てることができてたならラブリーな花車に
なったのにと少し心残りな2度めの春。

⑩.JPG

◆2016年◆
⑪.JPG

秋のバルブ・ハンティングででかけたジョイフル本田で
思いがけず見つけたダブル咲きチューリップの球根の格安パック。
パッケージには「アンティークカラー」の文字。
「アンティーク」と付くものには弱いハリネズミ、
即座に「今シーズンはコレ!」って即断即決にて購入を決める。

春、咲いたゴージャスなお花はそれなりにきれいだったかな。

⑫.JPG

でも・・・・
このチューリップを育ててみて、
やっぱりチューリップたるものは昔ながらのシンプルなのが
いちばんって原点回帰するきっかけに。


さて、ずっと「手押し車」と呼び続けてきたこういうの、
他の呼び方には車輪の数で「一輪車」「二輪車」、
そしてねこ好きにはツボな「猫車」というのもあるらしくてw。
初代の手押し車の処分後、
2代めを迎えるのを思案中だったけど「猫車」なら再購入決定!
さっそく Amazon でいいのを見つけ、昨日ポチッと。
本日午前中に到着の予定。
2代めのには多肉ちゃんをみっしりと植えつけたいなって妄想中。

nice!(61) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

ミニチューリップ [ガーデン]

去年の春はどういうわけか、不調の極みだったチューリップ。
葉ばかり茂ってついにはつぼみを付けなかったのやら、
せっかく付いたつぼみも花首を伸ばすことなく咲いたのやら。
でも、今年はなぜかうって変わっての絶好調。
しかも春に見かけて「いいな」と撮ったチューリップの写真を
秋に見返し復習して選んだ花色のチューリップばかり、
いつになく完成度も高いようなw。

チューリップ選びの参考にしたのは、
去年のお花見の折、昭和記念公園で見かけたチューリップたち。

①.JPG
②.JPG③.JPG

秋のバルブ・ハンティングではまずクルシアナを捕獲。

④.JPG

赤×黄色のお花のクリサンサやシンシアに惹かれつつも、
咲いたときに花の奥に覗く黒い蕊のきりっとした引き締め感が
カッコいいなって ‘ペパーミントスティック’ と思われる球根を。

もちろんちまっと1袋ではなくどどーんと6袋w。
お花はある程度まとまって咲いてるのを見るのが好きなので。

⑤.JPG

ワンシーズン限りと割りきってるチューリップはいつも鉢植えで
育てるのだけど、原種系チューリップは野放し球根ゆえ地植え。
どこに植えようかなぁってフロントガーデンで空きスペース探し、
結果、ここしかなかったキャットルームのエアコンの室外機前。

⑥.JPG

室外機からの風がもろに当たってしまうけどきっと大丈夫だろって
思ってたら、やっぱり大丈夫だったv。
夏のエアコン稼動中に排出される熱風も球根で土の中で休眠中なら
問題ないはず。
それとわかるつぼみが上がってきたのは先々週末、
そして先週半ばから続々とお花が花開き、いまが盛りに。

⑦.JPG

シャープな横顔も

⑧.JPG

きりっとした黒い蕊もおおいに気に入ったし、

⑨.JPG

お花は小ぶりでも草丈はそこそこあるタイプなのも好ましく、
選んで大正解の原種系チューリップだったv。

さて、クルシアナ、
赤×黄のお花のよりも白×赤のほうがすっきりしてていいなって
‘ペパーミントスティック’ を選んだはずなのだけど、
秋植え球根の販売の終わるころ、見切られて元値にかかわらず
100円均一になってたのに遭遇した折、
赤×黄のクルシアナの球根もほかの球根と併せてお買いあげ、
しかも5袋50球w。

⑩.JPG

「植える場所がもうない」って言ってたのにこんなに?
・・・・こんなにw。
そしてすべての球根をなんとか植えつけといてやりました。

で、赤×黄のクルシアナ ‘チューベルゲン’ もいまが花盛り。
植えた50球のうちいま咲いてるのは半分くらいかな。
やっぱりこういう同じお花がまとまって咲いてるシーンって好き。
植えつけたのはレンガの小道脇のわずかに残った土の部分。

⑪.JPG

派手すぎるかなと思った花色も春らしい愛らしさで、
さびさびのミルク缶とのコラボシーンは最近のお気に入り。

⑫.JPG

nice!(60) 
共通テーマ:インテリア・雑貨
前の3件 | - ガーデン ブログトップ