So-net無料ブログ作成

スペシャルな鱧 [好きなもの:おいしいもの]

先月半ばに新調したガーデンテーブル。

①.JPG

コレをお迎えしてからは事あるごとに
インナーバルコニーでのお外ごはんを楽しんでます♪。

初回の鱧のフライに始まり、
お好み焼、れんこんのはさみ揚げ、焼きそば、海鮮鉄板焼き、
いわしの天ぷらと続いた後は
おととい月曜日の夜にまた鱧のフライに舌鼓~w。

今回いただいた鱧はスペシャルな鱧。
ハリネズミ母が冷凍のクール宅急便にて送ってくれたもので。

関東のスーパーではなかなか手に入りづらい鱧、
かねてよりずっと送ってほしいって言ってはいたのだけど、
関西を離れたことのないハリネズミ母には関東の鱧事情、
なかなか理解してもらうことができず、
「送料がかかるからもったいない」といつも却下。

それがどういう心境の変化か去年の夏、
もうあきらめてお願いすることさえしなかった鱧を
ハリネズミ母が送ってくれた、しかも時間差で2度も。
おいしくって、うれしくてw。
「そんなに喜んでくれるならまた来年も」って言ってたけれど、
でもたぶん、もう二度と母からの鱧は届かないと思ってた。

去年の晩夏、階段から落ちかけ、
左肩を粉砕骨折&腱の断絶という大けがをしたハリネズミ母、
いまもリハビリに通ってるから、
ハリネズミに送るための鱧の買い出しや荷造りはもうムリと。

それが届きました~♪。

病院帰りにカートを引いてデパ地下まで買いに行ってくれた母。
お店で驚かれながらもその日の入荷分を買い占めてくれた母。
ひとつずつ、ラップで包み冷凍し、荷造りをしてくれた母。

そんな母の思いを想えば、口の中に広がる鱧の味は格別で。
まぁ、鱧そのものもここいらで入手できるものより格段に肉厚、
ゆえに美味だったのだが。

②.JPG

鱧のフライ、
コレは間違いなくハリネズミにとっては
これまでも、これからも忘れられない「母の味」ってことに
なるんだと思う。

大学生のころ、休みに帰省して東京に戻るとき、
アルミホイルを敷いたお菓子の紙箱いっぱいの鱧のフライを
持たせてくれたこともまた懐かしい思い出。

************************************************

こむぎとステラ、ねこ団子状にてまったり。
2匹は相思相愛w。
ステラくんがかいがいしく、こむぎのグルーミングを。

③.JPG

してもらってばかりじゃ悪いって思ったのかな、
この日はこむぎもお返しのペロペロを。

④.JPG

12年前に拾った兄弟ねこのステラくんとチェロくんが
ずっとハリネズミんちでの「末っ子」だったから、
自分よりも幼いねこの面倒をみる世話好きなねこだとは
気づかなかったよ、ステラくん。

nice!(53) 
共通テーマ:インテリア・雑貨