So-net無料ブログ作成
検索選択

はじめてのごはん [猫]

「お昼になりました~」ってことで、
チーム・むぎむぎ、ハリネズミんちにての初ごはんタイム。
引き渡しの際にいま現在のごはんの回数は4回、
午前5時、12時、午後5時、10時で、
そのうちお昼ごはんはカリカリとうかがってたのでカリカリを。

①.JPG

こんなに小さくてもさすがねこ、
ハリネズミがカリカリの袋に手を伸ばしたときのカシャカシャ音を
聞き逃すことなく、ケージのフレームに掴まり立ちをして、
ミャオミャオ鳴いて「早くちょうだーい」の催促を。

で、あげました。

②.JPG

すごい食いつきっぷりに目が釘付けになる。
でも1分もしないうちに、こむぎむぎほのお皿に乱入。

③.JPG

ひとつのお皿からいっしょにムシャムシャ。
あっという間にお皿の中は空っぽに。
するとこむぎ、今度は自分のお皿のカリカリをムシャムシャ。

④.JPG

空っぽのお皿を前に呆然とするむぎほ
まだこむぎのお皿に残ってるカリカリの存在に気づいておらず。

お見合いのときにはその体重、「こむぎ < むぎほ」だったのに、
引き渡しのときには「こむぎ > むぎほ」になっており、
預かりさんからは「こむぎの食欲がスゴイ」とうかがってたけど、
これがそうなのかと納得。
そしてふだんはむぎほの方がこむぎより活発だけど、
ごはんを前にしたらこむぎの動きがふだんとは比較にならないほど
活発化するということにも気づく。

ようやく、「あ、あっちにまだある~」って気づいたむぎほ
こむぎのお皿に合流。

⑤.JPG

このようすを上から撮ったのが1枚めの写真ってわけ。
初めてのごはんタイムは2匹で頭突きをしながらだった。


で、そのときルーチェくんはといえば、
リビングとダイニングの境にちんまりと佇んでのようす窺い、

⑥.JPG

その姿はちょっと「家政婦は見た!」っぽくw。


新しいねこを迎え入れるとき、
先住ねこたちが受け容れてくれるかどうかはいつも気がかり。
でもどのコも仔猫からのお迎えだったからかな、
これまでどうしてもうまくいかなかったっていう経験はないものの、
今回、いちばんその反応が気がかりだったのがルーチェくん。
「ねこらしいねこ」には「うざ~いっ!」って嫌われてしまう
ステラくんとチェロくんは、
人間もほかの動物も基本的に「エブリバディ・ウェルカム」的な
ハイテンションなので心配無用なんだけど、
ルーチェくんはねぇ、人工哺乳で育ったせいか、
それともいっしょに捨てられてた妹ねこと早くに別れたせいか、
社会性に乏しいというか・・・・
ナイーヴというか・・・・
ねこを選ぶというか・・・・。
とにかくルーチェくん、チーム・むぎむぎをお迎えするにあたり
いちばんその反応が心配だったのだけど、
いつもと変わらぬようすで惰眠を貪り、
そして目覚めるとときどき、
チーム・むぎむぎのようすを窺いにケージを覗きに行ったりして、
その姿はいたって穏やか。
怯えや怒り、そういった感情は感じられない。
だからといってストレスをまったく感じてないわけでもないので、
「新入りねこよりも先住ねこを優先する」という鉄則は
じゅうぶんに意識して心がけたいところ。
というわけでルーチェくんを気を遣って昨日の夜は、
彼の大好物の鮪のお刺身を買ってきてご機嫌をとっておいた。

nice!(64) 
共通テーマ:インテリア・雑貨