So-net無料ブログ作成
検索選択

ふたたびの。 [猫]

今日は午前中、しばらく足が遠のいていた獣医さんへ。
どうしてもムギちゃんのことが思い出されてしまうから
病院の前を通るのさえもつらくてつい、
延ばしのばしにしてたねこの健康診断に。

今回はルーチェくん。

①.JPG

しかも今朝、いきなり思い立ってでココロの準備もできぬまま。

というのもルーチェくん、
朝、強制給餌で食べさせた便秘用療法食のカリカリ160粒を
豪快にリバース、
そして再トライで食べさせた20粒もまたまたリバース。

どこか具合が悪い?

明日水曜日は獣医さんの休診日でもあるし、
健康診断だって近々受けさせるつもりだったし、
ここは意を決し行っとくかとなったわけで。
でも今日はよりによってひさしぶりの冷たい雨だった・・・・。

そんな空模様ゆえ、獣医さんは閑古鳥が鳴いていた。
お天気の悪い日に獣医さんに来るのは重篤な病状の患畜か、
心配性のハリネズミのような飼い主と相場は決まってる。

血液検査はすべての項目をクリアv。
腎臓も肝臓も膵臓も問題なし。
というわけで、朝からの嘔吐は胃腸不良ということになり、
10日分の整腸剤などを処方されて診察終了

・・・・となればよかったのだけど、
ルーチェくん、今回の健康診断で異常も見つかったのだった。
聴診器で聴く心臓の音に雑音・・・・
ムギちゃんも患ってた心肥大がルーチェくんにもまた。

ごく初期的な症状だし、
すぐどうこうっていう重篤な状態でもないとは言われても
やっぱりそれなりにショック。
腎臓病と心臓病は高齢のねこにはポピュラーな病気だから、
そのうちのひとつの心臓病をルーチェくんが発症したとしても
なんら不思議はないのだけど、来月には15歳だし。

で、投薬を開始することになったお薬はといえばコレ。

②.JPG

こんなにすぐに「再会」することになるとは思わなかった!
5年間、毎朝欠かさずムギちゃんに飲ませてたお薬のひとつだ。
ムギちゃん亡き後、
換金してもらった未使用の薬剤のなかにも1シートあったっけ。

③.JPG

受付でお薬の説明を受けてるときに、
「手にするとまたムギちゃんが思い出されてつらいなぁ」って
思ってたら、そんな気持ちが表情にも出ていたのか、
先生にも「つらいでしょうけど・・・・」と言われてしまった。
できれば同じ効用の、ほかのお薬がよかったな。
 あとで気づいたのだけど、おくすり袋の「ル」の部分に修正液が塗ってあり、
 裏から書き損じの文字を見たら「ム」ってあった。ムギちゃんの「ム」。
 先生もつい、「ムギ」って書いちゃったんだね・・・・。



祝日だった昨日もお花の卸売市場は開いてたみたいで、
ムギちゃんに手向ける今週分のお花、無事に買えました。

④.JPG

今週はピンクのラナンキュラスとガーベラ、
それに新緑を思わせる淡い緑色のユーストマでこってりと。

nice!(51) 
共通テーマ:インテリア・雑貨