So-net無料ブログ作成
検索選択

大いなる勘違い [ブツブツひとりごと]

暑いのは大の苦手だけれど、
ビールがとーってもおいしい季節です、夏はw。

①.JPG

ころんとした陶器の器でサーブされる生ビール、
初めてのときはその意外性にびっくりしたものだけれど、
こちらのお店への来店は今回が2度め、
すっかりおなじみになった器。
 だって前回はひとり3杯ずついただいたしねw

メインのお料理が出てくるまでのつなぎの肴は山うに豆腐。

②.JPG

前回の初来店のオーダーの折、
「すぐに出てくるおつまみは?」と訊いたときに勧められた
おつまみのうちのひとつ。
山うに豆腐なんて聞いたことのない未知の食べ物だったけど、
ためしにオーダーしてみたらおいしくってw。
なんでも熊本の名産品らしい山うに豆腐、
その正体は簡単にいえば「豆腐の味噌漬け」で、
チーズのような食感と少しわさび漬けを思わせる風味が美味♪。
とにかく呑兵衛受けする味で、お取り寄せしたいほど。

さて。
このあたりまではダンナさんとふたり、和気藹々と。
ところがこの後、隣りの席にお料理が運ばれてきたのを機に、
しだいに雲行きが怪しくなった。
「江戸前天ぷら定食です」とお隣りにサーブされたお料理、
それをチラッと見遣った瞬間ハリネズミ、パニックになる
・・・・オーダーを間違えた~っ!!!!

食べたかったのはお隣さんと同じ江戸前天ぷら定食。
こういうのね(前回来店時の写真)
これ以外に〆に揚げたての海老のかき揚げが別皿で出る。

④.jpg

なのに・・・・

③.JPG

なぜか江戸前天丼をオーダーしちゃってた。
はっきりいって天丼は苦手、甘いタレがどうもね。
オーダーし間違えた、それだけでもショックだったのに、
あろうことかダンナさん、オーダー時、
いやそれ以前の相談時にハリネズミの誤りに気づいていたという。
しかも、「言ってくれればいいのに~っ!」て言うハリネズミに
「言ったよ?」の返答で。
その後、「言ってない」「いや、言った」の押し問答。

結局、ダンナさんは「それらしいこと」は口にしてたけれど、
「間違ってる」とは言ってなかったことが判明。
ハリネズミが「江戸前天丼をふたつにする?」って言ったとき、
「江戸前天ぷら定食もあるよ」とは言ってた、たしかに。
しかも2度。
ただ、この日のハリネズミはなぜか天丼と天ぷら定食を完全に
勘違いしていたので、
ダンナさんの言わんとすることをまったく理解できず、
勘違いしたままオーダーを・・・・。

「なぜ、『間違ってる』ってはっきりと言わないの?」と問えば、
「2回言っても天丼って言ってるから。3度めはないだろ」、
「じゃあ天丼でもよかったの?」と問えば、
「天ぷら定食が食べたかった。怒ってないけどションボリだ」と。
・・・・わが夫ながらまったく意味がわからず。
せめて自分の分だけでも、
「じゃ、俺は天ぷら定食にするね」とひと言、言えばいいのに。

そんなわけでメインの天丼はふたりで黙々と。

なんとか沈んだ雰囲気を盛りあげようと、
「タレが甘くないのがいいね」「半熟卵の天ぷらって変わってるね」と
天丼のいいとこ探しをするハリネズミにダンナさん、
「これならてんや(ファストフードの天丼屋)でもよかった」って。
・・・・嫌味は直球かつ辛辣なんだね。

結局、「相手に伝わるように話す気がない」「人の話を聞かない」と
物別れのハリネズミ夫婦、
お会計を済ませ、お店を出た後は進むべき道もまた別々に。
40日ぶりの天ぷら、とっても楽しみにしてたのに残念無念。

****************************************************

ある日のこむぎ、
眠ってるステラくんを背もたれにしてお庭を見てた。

⑤.JPG

よーく見ればこむぎ、
きわどいほどのギリギリで敷物の上に体をキープ。

⑥.JPG

直ではなく、
たとえそれが新聞であっても雑誌であっても「なにか」の上に
載ることにこだわるのがねこの性。
まだまだ仔猫のこむぎにもそんなねこっぽさ、芽生えてきた。

nice!(56) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 56