So-net無料ブログ作成
検索選択

ラストシーズンの花車 [ガーデン]

4年めの今年、
これで最後となるチューリップの花車もそろそろ見頃に。

①.JPG

植えつけたときからどんな花色なのかドキドキだったそのお花、
意外にも透け感のあるきれいなオレンジ色だったv。

育ててみたいなと探してみればこれしか見つからなかった、
なんの変哲もない昔ながらのチューリップのオレンジ色。
赤、白、黄色にピンクくらいならどこにでも売ってるのに。

球根のパッケージの写真の花色は思い描いていたそれではなく、
なんだか朱色っぽい感じ。
こんなの咲いたらイヤだな~って思ってたんだけど、
いざ咲いてみたらその色は写真とは大違いでバンザーイv。

②.JPG③.JPG

花車の最後のシーズン、ガッカリな結果にならなくてヨカッタ。


4年前の春に購入したブリキ雑貨の手押し車、
そろそろ寿命のようで腐食が進んだ右後ろの脚が昨秋、
ポキッと折れてしまったのでチューリップが咲き終わると同時に
処分するつもり。

秋から春にかけてはチューリップの球根を40~50球まとめて
植えつけること4度。
その歴史を振り返ればこんな感じでした。

◆2014年◆
④.JPG

売れ残り1球10円までに見切られた球根をまとめ買いして、
歳の瀬に適当に植えてみたのが最初。
意外に見ごたえあるなと毎年の植えつけを決意。

日中の全開のお花よりも早朝の閉じた状態のほうが好きだなって
思ったのもこのころだった。

⑤.JPG

◆2015年◆
⑥.JPG

思いつき&駆け込みで植えた1年めと違い2年めは、
じっくり選んだ斑入り葉と赤いお花のミニチューリップを植える。
が、これがおろしく不発で、
草丈がほとんど伸びないうちに早々と咲き始めたお花にガッカリ。

⑦.JPG

咲き進んでもやっぱりちびちびのままでバランスが悪く、

⑧.JPG

早々に撤収して残ってたお花は切り花にてお家の中で楽しんだ。

⑨.JPG

斑入り葉と赤いお花のチューリップ、
イメージどおりに育てることができてたならラブリーな花車に
なったのにと少し心残りな2度めの春。

⑩.JPG

◆2016年◆
⑪.JPG

秋のバルブ・ハンティングででかけたジョイフル本田で
思いがけず見つけたダブル咲きチューリップの球根の格安パック。
パッケージには「アンティークカラー」の文字。
「アンティーク」と付くものには弱いハリネズミ、
即座に「今シーズンはコレ!」って即断即決にて購入を決める。

春、咲いたゴージャスなお花はそれなりにきれいだったかな。

⑫.JPG

でも・・・・
このチューリップを育ててみて、
やっぱりチューリップたるものは昔ながらのシンプルなのが
いちばんって原点回帰するきっかけに。


さて、ずっと「手押し車」と呼び続けてきたこういうの、
他の呼び方には車輪の数で「一輪車」「二輪車」、
そしてねこ好きにはツボな「猫車」というのもあるらしくてw。
初代の手押し車の処分後、
2代めを迎えるのを思案中だったけど「猫車」なら再購入決定!
さっそく Amazon でいいのを見つけ、昨日ポチッと。
本日午前中に到着の予定。
2代めのには多肉ちゃんをみっしりと植えつけたいなって妄想中。

nice!(61) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 61