So-net無料ブログ作成
検索選択
前の2件 | -

断捨離日記①:「夢の残骸」を処分 [ブツブツひとりごと]

ムギちゃんがいなくなって今日できっかり50日。
いまもまだその不在に慣れることなんてできないものの、
なんとか立ち直らなくてはと悪戦苦闘中。
最初のひと月はほんと、なにもする気になれずぼんやり過ごし、
その後はダンナさん共々、断捨離三昧の日々をば。

ひとえに「人生が終わった」感にさいなまれてのこと。
身の回りの物すべてが無意味なものに見えてきて、
「大事なムギちゃんを亡くしたいま、捨てられない物がある?
いや、ないだろう!」ってことで捨てて捨てて捨てまくり。
それでもまだまだ断捨離途上なのだけど。

やっぱりいざ捨てるとなると逡巡してしまうことも多くてね。

そんなときにはダンナさんが言う、
「ムギちゃんには少しでも快適に過ごせるようにっていろいろ
買ってあげたけど、結局あの世に持っていったのはこれだけ」と。

①.JPG

お花と、カリカリ、かつお節、えび満月にまたたび少々。
・・・・たしかに。

お気に入りのハリネズミ柄のブランケットも持っていけなかった。

②.JPG

「その日」のためにお洗濯も済ませ、
太陽の陽射しでふかふかにしておいてあげたのだけど、
お骨が汚れるうえ煙や臭いの元になると業者さんに言われて
あきらめるしかなく。

そんなこんなでここ半月ほどのゴミの日のたび間違いなく、
ご近所でいちばんたくさんのゴミを出し続けてるハリネズミんち。

処分対象は手芸用品などの趣味系の物が圧倒的に多いかな。
未開封のキットなんかも今回、けっこう処分したし、
モチーフ編みくらいはこの先もちょこっとはできるかもと
かぎ針やそれ系の手芸書は残したけれど、
棒針はもうする時間も残ってなさそうだと道具も本も処分して。

ダンナさんとは「夢というか、希望の残骸ばっかりあるね」と
言い合っては時に苦笑い。
「なにか」をしよう、がんばろうってやり始めたものの、
途中で挫折してそのまま「熟成」させてる物だとか、
「よりよい暮らし」を妄想して買ってはみたものの、
結局は使いこなせず「お蔵入り」になってる物がけっこうあって。

生パスタ製造機なんてその最たるもの。
だってハリネズミは「だけだけクッキング」を旨としてるのに!
きっとどこかのお店で食べた生パスタがおいしくて、
その後、「お家でも食べたい」って買ったにちがいないけど、
記憶を辿っても2回しか使った覚え、ありません・・・・。
もったいないけど今回、思いきって処分。
処分する前に改めて取説を読んでみたけど、
ハリネズミには使いこなせそうもなく、お手入れも面倒すぎて、
この先も使う気にはなれないだろうと判断。

そしてムギちゃんが食べきれなかったメルミルもようやく処分。

③.JPG

なんでもよく食べる食いしん坊兄弟・ステラくんとチェロくんに
何度か与えてみても食いつきがイマイチでしかたなく。
12歳の彼らに18歳からのシニア用は口に合わなかったみたい。

ムギちゃんにまつわる物のほとんどは処分できずにいるけれど、
なかでもいちばん悩ましいのがコレ、

④.JPG

強制給餌に使ってたアイスクリーム用の木の匙。

⑤.JPG

去年9月の2度めの購入で2400本もまとめ買いしたから、
1800本も残ってしまってる。
シングルユースで1日4本、600日分のつもりだったけど、
おおいにその算段を誤ったみたい。
腐るものではないだけになかなか処分の決心もつきかねる。

nice!(38) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

ヒヤシンス、ぞくぞく開花中 [ガーデン]

そろそろベストシーズン突入への
カウントダウンに入ったハリネズミのお庭は開花ラッシュ。
少し前からお庭のあちらこちらでヒヤシンスが開花中。

ホント、文字どおりの「あちらこちら」で。
というのも、チューリップの球根はワンシーズン限定と割り切り、
花後の球根はすべて処分してしまうのだけど、
ヒヤシンスは一度植えつけたらそのまま野放しで永久保存。
そのうえお家の中で水栽培にて楽しんだヒヤシンスの球根もまた
お花が終わったあとお庭にテキトーに地植えにするものだから、
「あれ、こんなところにヒヤシンス!?」と
植えた当人のハリネズミもお花が咲いてビックリしたり。

コレはたぶん、去年、
お庭のヒヤシンスが咲くのを待ちきれず購入した芽出し球根を
花後にお庭に下ろしたと思しきヒヤシンス。

①.JPG

球根が3球、みっちりと寄り添ってるから間違いなし!


そしてこっちは、毎年ブログに登場の原種系のヒヤシンス。

②.JPG

原種ゆえ、もともと一般的なものよりも疎らだった花付きは、
年を追うごとに疎らになって別のお花のよう。
黄色いスイセンはやっぱり野放しのティタティータ。
どうも陽射しに向かって咲くようで、見えるのは後ろ姿ばかり。

そしてウッドデッキ脇には
2年めの春を迎えたアップリコット色のヒヤシンスが咲いて。

③.JPG

昨シーズン、初めて育ててみて気に入ったので
今シーズンもまた球根を買い足して増員したのだった。
開花中のお花は去年の球根のもので、
ようやく色の差し始めた、まだ硬いつぼみは去年の秋の増員組。
このヒヤシンス、ちょっと他の花色の球根とは勝手が違うみたい。
野放しにしても花穂の数は1本か2本のことが多いのに、
アップリコット色のヒヤシンス、
去年は2本だった花穂が小さめサイズになって4、5本に。
小さい花穂がいっぱい・・・・これも悪くなくw。

**************************************************

今日25日は月刊誌『Kiss』(講談社)の発売日。
いわゆるコミック誌なのだけどハリネズミ、
この月刊誌を創刊号からずっと1冊も欠かさずに購読してました。
先のクールで話題になったドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』や
今クールの『東京タラレバ娘』の掲載誌といえば、
ピンとくる方もいらっしゃるかも?
その購読を先月分からやめました、
これもムギちゃんを亡くしたことをきっかけにした変化のひとつ。
続きが気になってたお話ももうどうでもいいや~って。

で、ずいぶん長く購読してた気がするけどいったい何年くらい?と
気になって調べてみたらその創刊は1992年で、
実に25年という長きにわたって購読してたことが判明しビックリ。
もっともその前媒体から購読してたから実質はもう少し長く
・・・・講談社さんに「よく続けて読んだで賞」をいただきたいかも。

nice!(46) 
共通テーマ:インテリア・雑貨
前の2件 | -